×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

健康.com 正しいダイエット・間違ったダイエット



正しいダイエットの方法、間違ったダイエットのやり方について。
必要な栄養は過不足無く摂取する事。
人間の身体は運動しなければ衰えます。
人間の身体は年齢と共に衰えます。
過度の栄養の摂取不足・偏った栄養摂取は、身体に備わった免疫力の低下や、衰えを促進させ骨粗鬆症や、果ては自律神経失調や心の病にまで、つながる危険性をはらんでいる事を忘れてはなりません。

間違ったダイエットは、筋肉量の減少により、ダイエットどころか逆にカロリーの消化、脂肪の燃焼等が、自然に出来ない身体となり、単にやせ細った不健康な身体となります。
又、一時は痩せても、リバウンドして、更に不健康にメタボル事になります。
苦労して、我慢して、悪循環で不健康な身体となってしまいます。
骨量を減少させず増加させる事。
人間の身体は年齢と共に骨量は減少します。
又、一般的に女性は骨粗しょう症のリスクが高いと言われています。
又、痩せている方は、骨にかかる負荷が少ないので、骨量の減少が著しい傾向にあると言われています。
骨量を増加し、減少させない為には、カルシウムの摂取と、骨に負荷をかける運動をする事が大事です。
カルシウムの摂取。
・カルシウムの吸収を促進するビタミンD
 ただ過度のビタミンDの摂取は高カルシウム血症になりやすいと、
 言われていますので、注意が必要です。
・カルシウムの吸収を促進する適度の日光浴。
・骨に負荷のかかる運動。
筋肉量を減少させず増加させる事。
運動と食事が大事。
適量のカロリー、栄養を考えた食事を規則正しく摂取し、
運動により筋肉を増やすことが大事。
之によって肥えにくい身体になり、リバウンドしにくい身体となります。

歩く運動は
基本的な体の機能を調整します。
最低でも日に1時間くらいは早足で歩く事。
ただ歩く事はカロリーも消費しますが、筋肉を増やすことにはならないと言われています。

スクワット・腹筋・腕立て等で、
筋肉を増やし、脂肪を燃焼させます。
※スクワアットで屈伸の時に膝が足先より出ないようなイメージで行う事が、膝への負担が少なくし、膝を痛めるのを防ぎます。.

ヨガ・柔軟体操で
体を柔らげ、血管まで柔軟にします。

運動にともなって、自分の適量のカロリーを見つけて下さい。
案外、間食をやめるだけでダイエット効果がある人が多い。
消費税も上がるので、この際間食はやめにしてはどうでしょう。

之らを毎日継続する事が大事なので無理をしない事。
痩せる・スタイルが良く見える等、表面的な事にだけ囚われない事。
「単に痩せれば良い」は、健康寿命を縮める危険性が高いと言えます。
効果をあせらない事。
表面的な効果を期待し過ぎて、之でもかと間違ったダイエットを更にしてしまう等や、すぐにあきらめてしまうのも、ダイエットの間違いと言えます。
正しいダイエットは、健康寿命を延ばす事をポイントに考えて下さい。

○○ダイエット等、偏った食事や、栄養の摂取を怠る等は、逆に健康寿命を縮め、ダイエットどころでは無い危険性を忘れてはなりません。
簡単な魔法のようなダイエットは有りません。

適量のカロリーと栄養、適度の運動、骨に負荷のかかる運動を、意識的に継続する事が唯一の正しいダイエットと言えます。

ダイエットとは体質自体を改善する事で有り、そこには単に痩せたいという想いだけでは、継続し成し得る事は難しいのです。
健康と紫外線 心臓の鼓動が聞こえる 腹式呼吸法 動脈硬化
パソコン操作の方法 株式投資 健康ダイエット ネットショッピング 旅行の計画 大峰山とは
大峰山-世界平和を祈る 大峰山の山伏 お墓参り 大峰山大峯山大嶺山 般若心経
枚方市牧野周辺の不動産 建築相談 日曜大工 敷金トラブル 施工図
木造住宅の耐震診断 建築確認申請 家屋検査 住宅の設計  建築申請mem